スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再開
Sun.20.07.2014 Posted in 未分類
0 comments 0 trackbacks
2年以上、記事をお休みしていました。
今日と明日という限られた時間を生きることで精いっぱいだったからです。
過去のことを振り返る余裕さえも、持つことができませんでした。

あれから私を取り巻く環境は、大きく変化しました。

その後、別の会社からスカウトされ、転職しました。
転職先は大手優良企業。
年収もかなり増え、傍目にはステップアップなのかもしれません。
しかし実態は、前の会社よりも古い労働観を持つ会社でした。
それがわかったときは、既に遅し。
ブラック労働の果てに、生命の危険にさらされるところまで行ってしまいました。

それでも今、私はなんとか今の会社にいます。

『自分の仕事ぶりや能力を認められたい』
『自分のこれまでの実績を否定しないでほしい』
『仕事ができる人だと評価されないと、恰好が悪い』
『この会社で認められないと、もう後が無い』 etc・・・

当初持っていたそれらの気持ちは、きれいに捨てました。
それらにこだわると、自分の命を縮めるだけだと気付いたからです。

今の会社での私の評価は、
『鳴り物入りで入った割には使えない人材』。
部署内での人事評価は、最低ランクです。
でもそれで良いのです。
期待されないことは、とても楽なことです。

私達は働くために生きているのではないのです。
お金が必要だから働いているだけです。
会社や上司を喜ばせるためではありません。
自分の命を犠牲にするなんて論外です。

一つ不満があるとしたら、仕事がまったく面白くないことでしょうか。
たとえば、メカニックを20年やってきた者が、なぜか全く畑違いの経理部門に配属されたことを想像してみてください。

これからの私は、仕事が無くて悩むことはないと思います。
むしろ、仕事が減って自分の時間が持てることは、ラッキーだと思わなくてはなりません。
自分なりの労働観を、少しずつ、淡々と綴っていければと思います。


スポンサーサイト

« 予言の書 | Home | 社内失業はこうして始まった »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。