スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過労死が怖い理由 その4 後始末
Tue.08.05.2012 Posted in 過労死
0 comments 1 trackbacks
兄の葬儀は、ほとんど社葬に近いものでした。
さすがは超有名企業だと思いました。数百人もの社員の方々が、マイクロバスを仕立てて参列してくれました。
葬儀の仕切りは、全て人事部や総務部の人たちが完璧にやってくれました。
私や両親、親族らは、兄の勤務先に感謝こそすれ、恨む気持ちは全く起こりませんでした。

年を取ってすれっからしになった今の私が、タイムスリップしてこの葬儀に居合わせたとすれば、
『さすがに大企業は”上手”だ』
と感心したことでしょう。

今の時代だと、兄の死は、過労死として裁判沙汰になってもおかしくない。
おそらく兄の会社もそのあたりを考えたのだと思います。
葬儀を完璧にしてあげるなど、遺族の非難をかわして穏便に済ませるための社内マニュアルがあるのでしょう。
そのあたりの対応を少しでも間違え、たとえわずかでも遺族の心にクエスチョンマークを付けてしまうと、有名企業だけに相当なリスクとなってしまうのでしょう。


後日、私と母は、兄の勤務先に挨拶に行きました。
母は、
『まだ何のお役にも立っていないのに、こんなことになってすみません、ご迷惑をおかけして本当にすみません』
と、泣きながら繰り返しました。
兄の上長や、そのまた上の偉い人たちは、
『**君は入社して間もないのに頑張り屋で責任感の強い社員でした。私たちも本当に残念に思います』
と言っていました。

ですが、そこにはどことなくひんやりした空気が漂っているような気がしました。
正直に言うと、上長や偉い人たちの言葉は、なんとなく表面をなぞっているように思えていました。

- 本当に残念だと思うのなら、強制残業とか飲み会とかは止めるの?
- そういうのって、本当にに必要なことだったの?

そうは思ったものの、その頃の私は、自分の考えをはっきりした言葉で、かつ失礼の無いように伝える技術は持ち合わせていませんでした。
『やっぱりそんなこと言ったら失礼かも・・葬儀ではせっかく良くしてくれたんだから・・』

そう思って、自分の心に芽生えた疑問を飲み込んでしましました。


ですがそれ以来、長時間の残業や頻繁な出張などで体が疲れたとき、必ず兄の死を思い出すのでした。
『死ぬ前の兄は、もっときつかったのだろうか?』
『だとすれば、なんであの日、午後も兄を休ませてあげなかったんだ!?』
『自分が憂さ晴らししたいって、疲れた兄を引きずり回して!!自分はなんて人でなしなんだ!!!』
『自分は、兄の死の罪を背負って、もっともっときつい思いをして過労死しなければならないんだ』
いつもそんな考えが頭をよぎっていました。

その反面、長時間労働がきつい、いやだ、休みたい、と、心身の不調を盾に訴えている自分も、確かにいました。
そのことを会社に咎められ責められることを恨みに思っている自分も。

どちらが正しいのか、私はどうすべきなのか。

自分が引き裂かれそうでした。
今にして思えば、その『引き裂かれ感』も、鬱の原因だったのかもしれません。




スポンサーサイト

« 休職明けの面談 ~ 世の中なめんな! | Home | 過労死が怖い理由 その3 兄が死んだ »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

まとめtyaiました【過労死が怖い理由 その4 後始末】

兄の葬儀は、ほとんど社葬に近いものでした。さすがは超有名企業だと思いました。数百人もの社員の方々が、マイクロバスを仕立てて参列してくれました。葬儀の仕切りは、全て人事部や総務部の人たちが完璧にやってくれました。私や両親、親族らは、兄の勤務先に感謝こそす...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。