スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社内失業中 - カウンセラー再登場
Tue.26.08.2014 Posted in 未分類
2 comments 0 trackbacks
始末書を書かされた後、私に対する社内の雰囲気が微妙にこれまでとは違ったものになりました。

誰も私と口をきこうとしないところは序の口でした。
私が担当していた仕事も、%田さんが来てからは徐々に無くなっていったのですが、始末書事件をきっかけに、ほぼ皆無となってしまいました。

一番の大きな仕事だったF社の件、それはたとえば一緒に資材調達先を回るような仕事もあり、普段のコレスポンディングもあったのですが、%田さんが来た後、突然担当を外されてしまいました。
そしてF社がわが社との提携を完全解消した後、私の仕事は完全に無くなってしまいました。

%田さんに何度も掛け合いましたが『のれんに腕押し』。
その上の職位の者に相談しようとすると、取りつく島も無く。

たまりかねて労務管理者に相談しましたら、例の『カウンセラー』が速攻でやってきました。
彼の言うことは相変わらず私には理解しがたい内容だったのですが、要約すると、以下のような内容でした。

・すべてお前が悪い。理由?根拠?どこを直せばいいかって?そんなことを求めること自体、反省していない証拠。

・お前は入社して何年?20年?じゃあお前が今の状態から普通に仕事を得られるようになるまでには、ちょうど20年かかる。それまで我慢するしかない。

・本当に仕事がほしいのなら、まず一人で全社の草むしりや清掃をして誠意を示すことしかない。

・心理テストを受けろ。(受けた結果)やる気はあるし一応スコアはいい。ではそれをきちんと生かせてないのは、おまえの能力不足。

・自分は社長の友人だから何人も首を飛ばそうと思えばいつでもできる。
しかし自分はただのカウンセラーにすぎないので、ボージョレ猫に仕事を与えろと上に頼む権限はない。どうすることもできない。

・おまえはこの会社が始まって以来、史上最大に会社に迷惑を与えた人間だ。そんな人間は普通クビだけど、この会社は優しいのでお前のような奴でも飼ってくれている。給料はもらえるんだからつべこべ言うな。その代り何も求めるな。

・お前にさせる仕事は、無い。お前は仕事をしてはいけない。仕事をする資格などない。


わがままだと言われても、構いません。
本当に、もう本当に本当にうんざりしました。
彼と話せば話すほど、気が狂いそうになりました。
自分は犯罪者並みに悪い人間だったのか?
自分の心身がだんだんと荒んでいくのがわかりました。


労務管理者には、
『もう彼と話したくない。自分の気持ちが正しい方向に保てるか、自信が無くなってきたから』
と何度も言いました。
しかし2週間に1回は、カウンセラーが来て『ボージョレ猫と話したい』と労務管理者に申し入れをしているようでした。
しかし、
『そんなこと言わないで、頼むよ。あの先生は口は悪いけど、ほんとうにボージョレ猫さんのことを心配しているんだから。悪気はないんだよ、ついついあんな口調になってしまうだけで、本当はとてもピュアで熱心な人なんだからさ』

ピュアで熱心・・・私はあのカウンセラーのことはとてもそんな風に思うことはできませんでしたが、それって私の心がひねくれているから?

2週間に一度、繰り返し繰り返し、カウンセラーの私に対するアドバイス(という名の非難)を聞くことは、もはや拷問でした。

私は弱い人間です。
回を重ねるたびに、だんだんとカウンセラーの言うことが本当のことに聞こえるようになり、いつしか自分が何の価値もない、生きているだけで迷惑な人間に思えてくるようになりました。

労務管理者とカウンセラーのほくそえんでいる顔も、同時に目に浮かぶようになりました。
考えたくはないのですが、たぶん・・・自分をダメなやつだと自信喪失させ、辞めさせるための計画なのでは。
そんな思いさえよぎるようになってきました。

この20年、会社を信頼し続けてきたのですが、今、すべてが崩壊していくのが見えました。




スポンサーサイト

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。